Tropical-GEM フォトログ

札幌の爬虫両生類猛禽類専門ショップの写真ブログです。ご質問やリクエストもお気軽に。ホームページは http://www.t-gem.jp/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アジアアロワナとCITES事業部

なんか久々の魚の気もします。すいません。

アジアアロワナって魚見ていると色彩、サイズ、ブリーディングの不思議さなどなど、つくづくいいところばかりだと思ってしまいます。
ただ、厄介と思ったのはCITES(ワシントン条約との呼び方が有名な)に関わるあれこれ。
というよりCITESを管理している方々。

IMG_8241.jpg

毎度アジアアロワナお買い上げのお客様には証明書とともに
所有者変更の手続きに関する書類をお手数ながら書いていただいております。

先日買取個体のアジアアロワナの書類のことで環境省管轄のCITES事業部の方と電話をしたのですが、
その際に自分からの質問で
「現在の国内のアジアアロワナの登録数はどれくらいなんでしょうか?」
と聞くと
「それはちょっと調べてみないとわからないのですが」
とお話されてました。
さすがに驚き
「それ調べていなきゃいけないのがあなたのところでしょ!すぐわかりますよね?」
と言うと
「うちは環境省からの委託会社なのでちょっと分かり兼ねます」
などと のたまわれました!
思わず
「なんつーお役所仕事!それでCITES事業部はないでしょ」
と言いました。

いつもお客様や取引先とも話しているのですが、他所の国のアジアアロワナ事情(登録に関する)はよくわからないのですが
こと国内のアジアアロワナの登録に関しての書類は形骸化されていると思います。
登録数を把握できてなくて、委託会社でうちはわからないというような場所に書類送る意味なんてあるでしょうか?


2011年9月撮影

♪今日のヘビ回し
蔦からまるQの惑星
筋肉少女帯

ブログランキングに登録してます。
↓いつもクリックしていただきありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2011/09/12(月) 14:11:43|
  2. アロワナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<パイボールドと生き物の価値 | ホーム | アナハイム エキスポ便他>>

コメント

全く、役所には困ったものです。もう、アジアアロワナなんて自然界にはいないと思います。ただ、インドネシア政府で養殖場に放流する事を最近義務づけされているらしいのですがもう一層、アジアアロワナに関してはサイテスは必要無いと思います。
皆様はどうお考えでしょうか?
  1. 2011/09/12(月) 17:34:54 |
  2. URL |
  3. ヘビ吉 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ヘビ吉さんコメントありがとうございます。

本当にお役所仕事でまいりました。

そしてインドネシアの養殖場で放流する件について小耳に挟んだのですが、
安価なグリーンアロワナばかり放流しているそうです。
遺伝子的なロカリティなど気にせずにただ放流しているという状況らしいですよ。
  1. 2011/09/13(火) 14:54:14 |
  2. URL |
  3. T-GEM #pVQFStsQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tropicalgem.blog46.fc2.com/tb.php/682-ce068fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。